アトピーは個人の体質により起こる症状で
子供のアトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥によりかゆみや湿疹があらわれる病気です。
なかなか改善するのに時間がかかってしまうケースが多いです。

生後2~3ヶ月頃から症状が現れることがあり、乳幼児の場合
乳児湿疹と症状が似ており、見分けがつきにくい為、注意が必要です。

ハウスダストや、食べ物など、アレルギー物質に体が反応してしまい、
アレルギーを起こしやすい体質の人をアトピー体質と言います。

子供アトピーの症状は以下のものがあります。

・肌が乾燥してカサカサになる
・寝る前などぐずってかゆがる
・肌に赤い炎症が起き始める
・皮膚にぶつぶつしたできものがでる

子供アトピーの原因として、小さな子供の場合消化系がまだ未発達で、
食べたものを消化しきれず、腸壁から吸収しその際免疫系が働きアレルギー反応を起こしてしまうのです。

このように消化系が原因の場合は、成長と共に自然と治るものでしたが、
正しい知識で対処を行わないと大人になった後も、アトピーが再発したり
胃腸や内蔵が安定しているにもかかわらず、アトピーが治らなかったりしてしまいます。